メニューをスキップして本文へ

理科

自分事の問題解決に挑み,互いに磨き合う理科学習理科 松山明道


本校3年目になりました。
理科の松山です。

本年度は5年2組を担任します。

「子どもたちが自分たちで問いを見つけ,納得できる解を見いだしていくためにはどんな事象や状況設定,場が必要なのだろう」と考えています。

追究する問題が子ども自身の中から生まれなければ,持続的な探究にはつながらないからです。

自然は言葉を発しません。
だからこそ,事象をよく観察し,仮説に基づいて条件を整えた実験を行い,自然に謙虚に学ぶ子であってほしいと願っています。

昨年度は,子どもたちが「うまくいかない。」「納得いかない。」と思う壁に教材を通して出合わせ,グループで実験方法を考え,納得いくまで実験を繰り返しながら考察を深めていく実践に取り組みました。

今年度は,問いを生む教材開発に加え,グループ同士の探究過程の共有化と振り返りを通して学びを深める評価の在り方について提案したいと考えています。

ぜひ,自ら自然に挑む子どもたちの姿を見に来てください。

|

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

l
l
教官紹介
校長挨拶
学校行事

研究図書・CDの紹介

熊大附属小の授業づくり-DVD-


文脈的なプロセスをたどる真正の学び

熊本大学教育学部附属小学校著


全ての教科等で子どもたち同士の「ことば」を使っての関わり合い、響き合う授業づくりを提案。

¥1,890(税込)