メニューをスキップして本文へ

社会科

社会的な見方・考え方を成長させる社会科学習の創造社会科 定松良彰


本校3年目,社会科の定松良彰です。
今年度は6年生を担任します。

昨年度は,5年生の水産業単元と情報単元での実践を中心に,子どもが社会的事象を「今の社会」と関連付けながら多面的・多角的にとらえていく授業づくりを進めてきました。
そのために大切にしなければならないのが,子どもの学びの文脈です。

今年度も,真正の学びを起こす課題を,子どもの思考をしっかり見取りながら設定するとともに,それぞれの場における教師の手立てに焦点を当て研究を進めていきます。
その中で,学習指導要領改訂に向け,社会科における「資質・能力」を授業レベルで明らかにしていきたいと考えています。

|

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

l
l
教官紹介
校長挨拶
学校行事

研究図書・CDの紹介

熊大附属小の授業づくり-DVD-


文脈的なプロセスをたどる真正の学び

熊本大学教育学部附属小学校著


全ての教科等で子どもたち同士の「ことば」を使っての関わり合い、響き合う授業づくりを提案。

¥1,890(税込)