メニューをスキップして本文へ

算数科

東裕治 大林将呉 高野倫浩

~自ら意味を「創造する」算数科学習~

算数科

    「問題解決学習に取り組んでいるにもかかわらず,思考力・判断力・表現力が伸びない」という話を耳にします。全国学力・学習状況調査においても,筋道を立てて考え、示された判断が正しい理由を説明することに課題が見られます。では,なぜそのような課題が見られるのでしょうか。それは,子どもの問いや一人一人の分かり方がないがしろになり,型にはまった学習になっているからではないでしょうか。

本校算数科では,子どもたち自身が既習事項や生活・学習経験などをもとにした自分なりの見方と,目の前の事象とのずれから生じる問いを解決しようと考えを出し合い,考えを検討する中で自らの知識体系を再構成していきます。このような学習を通して,今の見方を柔軟に変化させながら,筋道立てて考えたり表現したりする力を高めていくことを目指していきます。 。

|

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

l
l
教官紹介
校長挨拶
学校行事

研究図書・CDの紹介

熊大附属小の授業づくり-DVD-


文脈的なプロセスをたどる真正の学び

熊本大学教育学部附属小学校著


全ての教科等で子どもたち同士の「ことば」を使っての関わり合い、響き合う授業づくりを提案。

¥1,890(税込)