メニューをスキップして本文へ

図画工作科

毎床栄一郎

つくりだす楽しみ・喜びを感じる図画工作科の学習

図画工作科

図工の授業を行っているとき,子どもたちの思考のスイッチが入るときがありませんか。

子どもが「いいこと思いついた!」とつぶやいたときです。その言葉を発した途端,一気に活動に熱中し始めます。でも,それがなかなか上手くいかないときだってあります。それでも,子どもは試行錯誤しながら何とかやってみようとする,主体的に取り組む姿が見られます。

時には,友達が「それいいね!」と言って,一緒に活動し始めます。共に制作する中で「こうした方がいいかも。だってね・・・」「自分なら・・・」と対話しながら作品の完成に向かっていきます。

昨年度の「つくりだそう!学校生活向上マーク」では,マークの形や色に着目し,グループでそれぞれのマークを制作していきました。今年度も,子どもたちが,自らつくりだしていくプロセスを大事にした題材の工夫や題材構成を追求していきます。

 

 

|

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

l
l
教官紹介
校長挨拶
学校行事

研究図書・CDの紹介

熊大附属小の授業づくり-DVD-


文脈的なプロセスをたどる真正の学び

熊本大学教育学部附属小学校著


全ての教科等で子どもたち同士の「ことば」を使っての関わり合い、響き合う授業づくりを提案。

¥1,890(税込)