メニューをスキップして本文へ

家庭科

生活と繋げる家庭科学習

家庭科

ものが豊かにあり,日増しに便利な社会になってきている今日,私たちの生活に必要な物やサービスは,お金を払えばほとんど手に入れることができます。

そのような中で,家庭科を学習する意味は何なのでしょうか?
そんな問いを子どもたちに投げかけると「自立」というテーマが見えてきました。

そこで,今年は「自立」というテーマのもと,子どもたちが“何とかしたい”“できるようになりたい”という願いをもとにゴールを設定します。

そして「目標を達成するために必要な知識や・技能は何か」「どの手順で行うとより効率的か」など試行錯誤しながら考え,実験・実習を繰り返し行わせていくことで,生活に繋がる実践力を育んでいきたいと思います。

また,他教科の学習と関連させたり,家庭・地域との連携を大切にしたりしていくことで,学習をより生活と繋げて考えられるようにしていきます。

 

家庭科 教官紹介

大廣紘子

|

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

l
l
教官紹介
校長挨拶
学校行事

研究図書・CDの紹介

熊大附属小の授業づくり-DVD-


文脈的なプロセスをたどる真正の学び

熊本大学教育学部附属小学校著


全ての教科等で子どもたち同士の「ことば」を使っての関わり合い、響き合う授業づくりを提案。

¥1,890(税込)