メニューをスキップして本文へ

家庭科

家庭実践へつながる家庭科学習

家庭科

 物が豊かにあり,日増しに便利な社会になってきている今日,私たちは資源の大切さや,自らの家庭生活が環境に及ぼす影響など気にも留めずに生活を送っています。
しかし,「衣・食・住」すべての分野が環境とのかかわりの中にあり切り離して考えることはできません。

そこで、家庭生活の課題を「環境」という視点から解決していく授業に迫ってみようと考えます。
私たちの日々の生活に環境や社会の視点を少し加えるだけで,生活の仕方が変わってきます。

それが、よりよい生活をおくる工夫につながっていくのです。
実習を通して知識を身に着け,反復による指導計画の工夫で技能の定着を図り、家庭生活に対する子ども一人一人の意識や態度の変容に着目していきたいと思います。

次期指導要領への改定を見据えて,日本の「衣・食・住」の文化にも目を向け、実習でも取り入れていこうと考えています。

 

家庭科 教官紹介

大廣紘子

|

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

l
l
教官紹介
校長挨拶
学校行事

研究図書・CDの紹介

熊大附属小の授業づくり-DVD-


文脈的なプロセスをたどる真正の学び

熊本大学教育学部附属小学校著


全ての教科等で子どもたち同士の「ことば」を使っての関わり合い、響き合う授業づくりを提案。

¥1,890(税込)