メニューをスキップして本文へ

理科

前田 理代 松山明道 近藤祐樹

自ら問題を追究する理科学習

理科

理科の本質とは何か。
私たちは,科学的に問題解決に挑む姿だと考えています。

子どもたちが真正の問題に出合い,解き明かしていくプロセスの中で問題解決の力は養われると考えます。

そこで,本校理科部では,自然事象との出合いを大切にしています。
「どうして?」「なぜ?」「納得できない」と思える壁に直面させ,解決意欲が高まるようにしています。

さらに,予想をもとに自分たちで解決までの道筋を計画し,実験,考察を行うことで,子どもたちは自ら問題を解決する力を身につけていくのです。

教師は,一人一人の学びを丁寧に見取り,一歩一歩進めるように準備や声かけ,グループ同士の結果や考えの共有をコーディネートしていきます。

このように,子どもたち自身が自分事の追究として問題解決を行う理科学習を目指して実践を進めていきます。

|

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

l
l
教官紹介
校長挨拶
学校行事

研究図書・CDの紹介

熊大附属小の授業づくり-DVD-


文脈的なプロセスをたどる真正の学び

熊本大学教育学部附属小学校著


全ての教科等で子どもたち同士の「ことば」を使っての関わり合い、響き合う授業づくりを提案。

¥1,890(税込)