校長 井福裕俊

ご挨拶

平成31年4月1日付をもちまして、附属小学校長を拝命しました井福裕俊です。

どうぞよろしくお願いいたします。

4月10日、春の陽気の中で108名の新入生を迎え、附属小学校の新しい年度がスタートしました。

本校の目指す児童像は、「考える子、強い子、明るい子」です。

この児童像の実現に向け、本校の教育目標であります「自主・自立の教育」、「個性重視の教育」、「自他の尊重の教育」を推進して参ります。

公平・誠実に子ども一人一人と向き合い、子どもの良さや可能性を拓き、達成感や成就感を与えていきます。

本校は昨年度から、文部科学省より「教科等の本質的な学びを踏まえた主体的・対話的で深い学びの視点からの学習・指導方法の改善の推進」の研究指定を受けており、本年度は総括の年となります。

その成果を広く発信し、先導的な研究を進める実践校としての使命を果たして参ります。

また、「国立教員養成大学・学部、大学院、附属学校の改革に関する有識者会議」の報告を受け、本校の存在意義・役割・特色の明確化を図るために、さらなる改革を進めていきます。

本校は今年度で145周年を迎えます。

さらに、5月から新しい元号「令和」に変わります。

今年度が熊大附小の新たな幕開けとなるよう全教職員一丸となって子どもたちの教育にあたって参りますので、本年度も本校の教育活動へのご支援とご協力をお願い申し上げます。